オートクチュール刺繍タイトルバー.png

オートクチュール刺繍 イギリス伝統刺繍 札幌の教室フランスオートクチュール刺繍

木枠にピンと張ったオーガンジーに細いかぎ針を使ってビーズやスパンコールを刺していく「リュネビル刺繍」

フランスのオートクチュール刺繍には欠かせない技法のひとつです。

流れるような曲線と自由な素材で奏でる音楽のような刺繍の方法です。

この技法を習得することによって、表現の巾が広がり、しかもスピーディに刺繍が出来るのが何よりに魅力です。

素材はビーズ・スパンコールにとどまらず、リボン・モール・ラフィア・シフォン・オーガンジー・エナメル・皮・羽根などさまざまなマテリアル、それに加えて染料・マニュキュア等を用いて刺繍の世界を広げていくことができます。

勿論オートクチュール刺繍にはこの「リュネビル刺繍」ともうひとつの大事なパートナーが「マントゥーズ刺繍」です。

これは従来の刺繍針を使った刺繍の技法でこの二つが組み合わさって動きのある作品に仕上がります。

フランス宮廷文化の華やかなる時代、刺繍は王族・上流階級の子女達がたしなむ必須のものでした。一針一針膨大な時間をかけて刺繍仕上げられる刺繍は、宝石よりも貴重なものと時の王妃達は競って刺繍のドレスを仕立てさせたとも言われてます。

針と糸の大好きな貴方、キラキラと輝く小さなものが好きな貴方どうぞこの刺繍の世界をたずねてみませんか?